ちょっと変わったクロールのドリル

スポンサードリンク

2人1組で泳いでみよう

今日はちょっとふざけた練習をしてみましょう。
見た目ふざけていますが、中身はしっかりとしたトレーニングなのでご安心を。
さぁ今すぐ二人ひと組なってください!


今回のポイント

  • 1.引っ張る側のコツ
  • 2.引っ張られる側のコツ
  • 3.レースをする



1.引っ張る側のコツ

今回のトレーニングは引っ張る側と引っ張られる側に分かれます。
最初は引っ張る側のコツから説明していきましょう。

今回は動画がクロールでやっていますので、クロールをベースに解説していきますが、
他の種目でも意識するポイントはさほど差が無いです。

足がなるべく動かない様にする
引っ張られる側は、あなたの足首を掴みますので、そこがぐらぐらと揺れてしまうと安定しません。
最低限身体をひねるなどの動作はしますが、しっかりと足を固定できるようにしましょう。

タイミングを一定にする
引っ張られる側にとって、あなたが色々なタイミングで泳いでしまうとキックが打ちづらくなってしまいます。
テンポやタイミングはなるべく変えずに泳ぐようにしましょう。


2.引っ張られる側のコツ

引っ張られる側にも速くなるためのコツが詰まっています。

相手のタイミングに合わせる
相手が進みたい時に進み、ゆっくりになるときにゆっくりにする。ただそれだけです。
が、相手の呼吸を読み、相手のタイミングに合わせるのは非常に難しいです。
但し、これができると色々な泳ぎが出来るようになるのでおススメです。

ただ引っ張られるが抵抗を減らす
キックを打たずに足首だけ持ち、ストリームラインのような形を取ります。
引っ張られるだけなんですが、そこでどうやって抵抗を減らすかを考えながらやってみましょう。
呼吸のタイミングもしっかりと考えてやってみてくださいね。


3.レースをする

最低4人必要にはなってしまいますが、4人で総当たり戦をやってみましょう。
引っ張るのが得意な人、引っ張られるのが得意な人、それぞれいるので非常に面白いレースになります。

更にタイムを計る事で自分が苦手な分野が明確になりますので、更に強化しやすくなります。
特に引っ張られる側の人は、引っ張っている人の意見を聞いてみてくださいね。




この記事は、Freestyle – Lakeside Pull & Goより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル