簡単に2ビートと6ビートのタイミングが分かるようになる練習方法

スポンサードリンク

クロール時のキックのタイミングが合わない方におすすめしたい簡単陸トレ方法。
2ビートから6ビートまでしっかりとできますか?


ウォーキングエアースイム

さぁ、タイトルからもうすでにお分かりですね。
歩きながら腕を回してストロークを行っていきます。


大切なことは、手と足のタイミングを合わせること
ここでタイミングが合わせられないと、間違いなく通常のスイムではキックのタイミングを合わせることができません。


では、さっそくやっていきましょう。
まず最初は、右手を上にあげ、左手は気をつけ。左足は前に出しましょう。
この姿勢から、手を大きくストロークするように回しながら、左手をあげてきます。足は右足が前になるように切り替えましょう。
これを何度も交互に行い前へと歩いていきます。


歩くようにスムーズにできるようになるまで、何度も繰り返します。
リズミカルに丁寧に行っていきましょう。


では、タイミングがとれてきたら6ビートのタイミングの取り方の練習に移りましょう。
今までは、1回手をかくごとに、1歩でしたが、今度は1回手をかくごとに、3歩ずつ歩いていきます。


基本姿勢の、右手を上にあげ、左手は気をつけ、左足を前の姿勢をとります。
この状態から手を大きく回している間に、足を3歩歩いていきます。
3歩目で、先ほどまでやっていた、タイミングと同様にできるかをしっかりと意識してください。


いかがでしょうか。
できましたか?


番外編として、しっかりとタイミングを取れる方は、あえてタイミングをずらしてみましょう。
歩きづらいですよね?
そう、身体にとって自然な動きができていないと、こんなにも身体はぎこちなく動いてしまうのです。


身体にとって自然な動かし方を水中でもきれいにできるように、タイミングをしっかりと取っていきましょう。


手と足はクロスで指導をしていますが、同側(右手上の時に右足前)でも可能です。
タイミングだけ間違えないように注意しましょう!



この記事は、youtube内『YTswimmingschool』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル