背泳ぎのキックをより進むようにする為の練習方法

スポンサードリンク

キックをパワーアップにする為には、足のパワーをあげるだけが方法ではありません。
タイミングを調整していくだけでも、キックのパワーが上がるんです!


ドルフィンバック

バタフライや平泳ぎでは、キックのタイミングを非常にシビアに見ますが、クロールや背泳ぎではなかなかタイミング調整しないのではないでしょうか。
大切なキックのタイミング調整をしっかりと行なっていきましょう。
クロールの調整の場合は、「クロールのキックをより進むようにする練習方法」をご覧ください。


では、早速背泳ぎのキックのタイミングを調整する為のドリルをやっていきましょう。
今回のドリルは、背泳ぎを泳ぎながら、バタ足ではなく、ドルフィンキックを打っていきます。


映像ではピッチをあげて最初から行なっていますが、まずはゆっくりでも構いません。
大切な事は、とにかく進むタイミングを見つける事。


同じキックを打っても、タイミングによっては進みやすさが大きく違う事が分かるはずです。
手が入水するタイミングなのか、キャッチのタイミングか、フィニッシュ時なのか、この感覚は微妙に人によって違います。
独自のタイミングを身につけていきましょう。


実際にタイミングが見つかったら徐々にテンポ上げていってもタイミングがとれるようにしていきましょう。
テンポをあげてもタイミングが取れるようになったら通常のバタ足に戻していきます。
この時自分が進むタイミングで気持ち強くキックを入れる事でより進みやすくなります。


何故か今日はいつもよりも進まないと言う場合は、タイミングがずれているのかも。
試合前などのドリルにもおすすめです。
しっかりとタイミングをあわせていきましょう!



この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル