バタフライのボディポジション

スポンサードリンク


身体を引き上げる、引き上げる、引き上げる

バタフライではなく全ての種目に言える事ですが、ボディポジションを引き上げる事は重要です。
特にバタフライでは、前に進む時に水中に身体が残っていると、水を引っ張る形になってしまい、抵抗になります。
その為にも身体を引き上げて、なるべく抵抗を減らしていくことが重要です。
さぁ、ボディポジションを1mmでも上に引き上げるために練習していきましょう。



今回のポイント

  • うねりを意識しすぎない
  • 腰の抜けを意識する
  • タイミングを重視する



うねりを意識しすぎない

うねりを意識しすぎてはいけません。
下手なコーチが教えると、身体をひたすらにくねくねさせる練習をさせる人がいますが。
うねる、ということは余計な距離を泳ぐと言う事です。

上手い人が何故うねっているかというと、抵抗を少なくするためと、パワーを上げるためです。
まずは”うねること”を目的にするのをやめましょう。

腰の抜けを意識する

0:30くらいから映像を見てください。
腰にマークがついて見やすくなっていますが、腰がスッと前に抜けているのがわかりますか?
上にあがってから斜め下に滑り降りるように腰がおりています。

腰は泳ぐ際の重心でもあります。
その重心のポイントを引き上げて前に滑らしてあげる事で、水をひっぱっていくことなく、滑るように泳ぐ事が出来ます。

タイミングを重視する

ボディポジションを意識する上で大事なポイントが2つ
・入水時のキックのタイミングと身体の位置
・フィニッシュ時のキックのタイミングと身体の位置
この二つが重要になってきます。

このタイミングは0.01秒ずれるだけでも泳ぎやすさが大きく変わります。
是非映像をみて、自分で泳いでみて、2つのタイミングを調整してください。



今日の名言

私の歩みは遅いが歩んだ道を引き返すことはない。

エイブラハム・リンカーン

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル