泳ぐ上で大切な姿勢の整え方

スポンサードリンク

水泳で大事なキーワードは、姿勢。
姿勢が悪いと抵抗が増え、またパワー発揮もしっかりと出来ない為、綺麗な姿勢を作ることは非常に重要です。
是非トレーニングしていきましょう!


抵抗を無くすためのドリル

この動画で序盤で抵抗について説明していただいているので、私たちはドリルから。


水中ストロークでは、難しければ呼吸をしないようにしましょう。
最初にやろうとすると難しいかもしれませんが、そこまで難しくありません。
手を戻す時に抵抗少なく戻すと言う所くらいでしょうか。


呼吸はあまりしないようにして、抵抗になっている部分がないかを丁寧に確認しながら泳ぐようにしましょう。


続いて片手クロール。
まずは両方ともチャレンジして、どちらの方が進みやすいかを確認した上で、なぜスピードの差異が出るかを考えましょう。
パワーという単純な考えではなく、抵抗がどちらが大きいかで考えてみましょう。


良くあるパターンがストロークをした時に足が大きく開いている事や、身体の軸がぶれていることなどが考えられます。
一人では難しいのでだれか友人かコーチに見てもらうようにしましょう。


ここまできてやっとクロールを泳ぎましょう。
先ほどまででやった抵抗が感じないかどうかを確認しながら行なっていきます。


通常のスイムに戻っていきなり抵抗を感じるようであれば、ドリルに戻るようにしましょう。



この記事は、youtube内『YTswimmingschool』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
もし引用されたくない等ございましたら問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル