平泳ぎを上手くする為には目線が重要だった

スポンサードリンク

平泳ぎは非常に繊細な泳ぎですので細かい部分まで注意する必要があります。
今日は目線を中心に意識をもっていってみましょう。



フラットな姿勢を作る

多くの方が斜め前を見ていて、フラットな姿勢が出来ていません。


では、それはなぜでしょうか。
序盤でも説明した通り、今回のポイントは目線です。


目線が斜め前を見ているという事は、頭が上がり、アゴが上がってしまっている姿勢という事です。
と、いう事は、顔に抵抗がかかってしまい、かつアゴが上がると腰が沈みやすくなるので良い姿勢がとれないのです。


フラットな姿勢を作るには、真下を見るようにしましょう。
むしろ、最初はアゴを引き、少し手前を見るくらいでも問題ないでしょう。

引き上げる時の目線

手をアウトスイープしていきながら、徐々に身体を起こしていくのが通常ですが、今回は目線にだけ注目。


真下を向き、フラットな姿勢をつくりながら、その他が動いていきますが、まだ我慢です。
目線は少し遅くから動いても問題ないので、身体がついにあがるぞ!というときから目線を動かすようにしましょう。


斜め上に向かって引き上がっていきましょう。
真上に上がろうとしてしまうと抵抗が大きくなってしまうので注意です。
目線を斜め上に引き上げるようにしていきましょう。

引き上がってから入水するまで

さぁ、水の上にあがってきました。


目線は真っ直ぐ前よりも少しだけ下を見てアゴを引くようにしましょう。
手が前に行き、入水のシーンになった時には、自分が進んでいきたい方向に向かって目線を移動させます。


水面を見ると言うよりも目で水中の先まで見通していくように意識すると入水してからの進みが良くなりmさう。
入水後はフラットな姿勢を作っていきましょう。




この記事は、Breaststroke – Follow the Eyesより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル