平泳ぎの呼吸のポイントを押さえよう

スポンサードリンク

平泳ぎはパワーをあげるというよりも如何に抵抗を減らすか、という意識をした方が良い種目です。
今回は呼吸に注目して、抵抗の少ない呼吸を身につけていきましょう。


抵抗の少ない呼吸のやり方

ストロークの流れに沿って説明をしていきます。


では、伸びている姿勢からスタートしていきます。
まずは、大事な真っ直ぐの姿勢。
手は組まないもののストリームラインと同様の手先から足先まで真っ直ぐの姿勢を作ります。
実際に水中で真っ直ぐの姿勢になるタイミングは一瞬で徐々に身体は上半身から斜め上に伸びあがっていきます。


この時、顔がすぐに上がらないように注意しましょう。
映像を見ても、手が広がりきるくらいの所から顔が前を向こうとしていますね。


慣れていない方は、呼吸をするときに後頭部から水を切って顔をあげてくるくらいのイメージでOKです。
下を向いたまま、なるべく抵抗少なく顔をあげてきますが、上げる時には胸を寄せるようにして、上半身を上げるようにしましょう。
顔だけを上げようとすると、腰が沈んでしまいますので、上半身全体をあげるようにします。


自然と顔をあげるタイミングで、息を少し吐くようにしましょう。
そうすることで、顔が上がった時に肺に空気が自然と入ってくるようになります。
上がってから息を吐くのでは遅いのです。


身体をあげたら、呼吸をし、手を前に伸ばしていきます。
この時目線は斜め下を向くようにします。
自分が刺さるような意識を持ちましょう。


手が入水したタイミングと同時位に足を打っていきます。
このタイミングで斜め下に身体を滑り込ませ、真っ直ぐな姿勢を作っていきましょう。



この記事は、youtube内『Speedo Italia』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。


【アンケート実施中】
swim mediaでは、皆様によりよいサービスを提供する為に、アンケートを実施しております。
簡単なアンケートになっていますので、こちらよりご協力お願い致します。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル