クロールのバランスを整える

スポンサードリンク

クロールのバランスを整える

クロールをやっていると、片方だけで呼吸していることが多いです。
実際にその方が試合では速いのでそれでもよいのですが、
通常の練習の時には左右両方での呼吸ができた方が良いです。
今回はしっかりと左右呼吸を練習しましょう。



今回のポイント

  • 1.左右呼吸をすることのメリット
  • 2.得意な方を真似する
  • 3.回数を増やしてみる



1.左右呼吸をすることのメリット

左右呼吸をすることのメリットは何でしょうか。
それは、ずばりバランスが整えられることにあります。

どうしても右呼吸ばかりしてしまっていると、右の体幹は強くなりがちですが、左があまり強くないということになります。
左右で呼吸ができることでそのバランスを徐々にですが整えられるようになります。

3回に1回呼吸でバランスを整えましょう。


2.得意な方を真似する

右呼吸が得意な人にとって左呼吸はかなり難しいと思います。
そこで、ポイントとしては、得意な方の呼吸と苦手な方の呼吸を比較していくことで
何がだめで何が良いのかが分かるようになります。

比較した上で、得意な方をまねしていきましょう。
ちなみにですが、苦手と思っている方が実はキャッチがうまかったりするというおかしな現象がありますが、
それは一般的ですので気にしなくて大丈夫です。


3.回数を増やしてみる

今回のトレーニング映像では3回に1回呼吸ですが、徐々になれてきたら5回に1回呼吸などとあげていってみましょう。
7回に1回、9回に1回までいくとかなりの上級です。

これらの練習を行うことで左右のバランスを整えながら、心肺機能を鍛えることができます。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル