クロールのキックをより進むようにする練習方法

スポンサードリンク

自由形のスイムを行う時に、キックをより効果的にするにはタイミングが重要です。
タイミングは0コンマの世界で変わってしまうのですが、今回は、そのタイミングを取りやすくするドリルをやりましょう。


ドルフィンフリー

今回のドリルの目的は、キックのタイミングを合わせる事です。


しっかりとキックのタイミングを合わせていく為のドリルですので、タイミングを強く意識しましょう。
どうやってやるかというと、クロールのプルをやりながらキックはドルフィンキックを行ないます。


タイミングは、是非動画を参考にして頂きながら、やっていただきたいのですが、
基本的には手を入水するタイミングでキックを打ちこむようにしていきます。
打ちこむ時にしっかりと腰が浮くようにしましょう。


タイミングが良くキックを打ちこめると、腰がスッと抜け、前に進む感覚がつかめるはずです。
タイミングが悪いとキックをうってもなかなか前に進めず、身体がばたついた感覚になってしまいます。


フィンを使う事でよりタイミングが取りやすくなりますので、使える方は使う事をおすすめします。
ちなみに動画中に使われているのは、Soltec-swim(ソルテック スイム ) ハイドロ・テック2 フィン スイム ソフトタイプ ブルのようですね。





フィンを使うことでキックの推進力が強くなり、タイミングの良しあしがかなりはっきりと分かります。
なかなか使える場所は少ないですが、おすすめしています。


動画の最後の方にやっている腕ぐるぐるトレーニングは、スプリンター向けのトレーニングです。
手を素早くまわしながらキャッチのタイミングで力をいれる感覚を手に入れる事で、よりパワフルなストロークを手に入れる事が出来ます。




この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル