陸上で上手くなろう!陸での練習から泳ぎに繋げる方法

スポンサードリンク

水中でいきなり上手く泳ごうとしてもなかなか出来ません。
泳ぎが上手くいかないときは、3つのステップで練習してきましょう。


動画を見てイメージする

まず何よりも大切なのはその動作をイメージしましょう。
眼で見て理解することが大切です。


今回の動画で言うと、

  • リカバリー動作を上手くする
  • ローリング動作を上手くする
  • という二つの目的を練習していきます。


    泳いでいる映像を見て、何を習得しようとしているのかを改めて確認していきましょう。

    陸上で動いてみる

    続いてのステップでは、陸上で実際にその動作に近い動きをやってみることが大切です。


    シャドースイムをやってみてというと、多くの人が、身体をかがめてやってしまうのですが、動画のように上に向かって進むイメージを持ってやったほうが実践的です。
    (当然この動きで出来ないものもあるので、一概には言えませんが)

  • リカバリー動作を上手くする
  • こちらについては、肘を先行させて動かす動作を練習していきます。
    肩に手をついた状態で肘を大きく回していきます。少し身体をローリングさせることで肘の良い回転を身につけることができます。


    このとき、身体の軸を中心にねじれる回旋動作は良いですが、軸が左右にぶれてしまう動きはやめましょう。

  • ローリング動作を上手くする
  • これは、腰のローリング動作を上手くすることでボディポジションを高くするための練習です。


    まずは、お腹の左右少しへこんでいる部分に手を当てて、ローリング動作を行なっていきます。
    顔は正面に向けたまま、下半身だけ回転させます。
    腰を後ろに引いたときに少し手を後ろへ押すことで腰が浮いてくる感覚も掴みます。
    先ほどと同様に軸が左右にぶれないようにしましょう。


    続いて、肩に手をつけた上体でも同様の動作を行なっていきます。
    ぶれないように、綺麗なローリングを身につけていきましょう。

    水中で練習する

    さぁ、ようやく皆さんお待ち兼ねの水中練習です。
    先ほどまでにやった動作を実際に水中でやってみましょう。

  • リカバリー動作を上手くする
  • 陸上でやったように肩に近い位置に手を持ってきつつ、肘を大きく回していきます。
    肘を回そうとするときに上半身のローリングがないと、肘が上にあがってきません。

  • ローリング動作を上手くする
  • ローリングによって腰がフッと浮いてくる感覚をつかめるように練習していきます。
    キックのタイミングなどもそうですが、腰がスムーズにまわるように身体をコントロールしていきましょう。


    今までやってきたものの、いきなり水中では出来るものではないので、出来なかった場合は最初に戻ります。
    何度も繰り返し練習することで無意識でも出来るようになり、自分のものにしたといえるようになりますよ!



    この記事は、youtube内『Shinji Takeuchi』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル