バッタの息継ぎで大事なポイント

スポンサードリンク

バタフライの息継ぎはなかなか上手くならないものです。
とはいえ、練習すれば絶対に誰でも出来るようになるものですので諦めずに練習しましょう。


息継ぎが難しい理由

息継ぎが難しいのは、呼吸をした時に水を飲んでしまう事による恐怖なども有り、なかなか上手く身体をコントロールできません。


その為、おススメする練習方法は、呼吸せず息継ぎ動作をするバタフライを行なう事です。
どういう事かというと、呼吸をしようとしてしまうと水を飲んでしまうので、呼吸はしません。息をとめたままです。
ですが、顔を上げないといつまでたっても上達しないので、顔はしっかりとあげるようにします。


こうすることで水を飲む恐怖がなくなり、しっかりとしたタイミングでプルやキックがあった状態で呼吸動作ができるようになります。


具体的なタイミングは、ストロークの腕が下がった時に顔をあげていくこと言う事。
また、顔をあげるタイミングの少し前にキックを打ちこんでいきます。
顔をあげる反動で足をキックするようなイメージですね。


呼吸動作後は、手をしっかりと肩の延長線上に入水させます。
手が内側にはいったり、外側にあったりとミスが多い部分で、これが上手くならないとスピードが出ていても抵抗になり止まってしまいます。


ポイントさえ押さえればしっかりと出来るので、自分を信じてがんばりましょう!!




この記事は、youtube内『speedojapan』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
もし引用されたくない等ございましたら問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル