抵抗を減らすには、頭のブレをなくしていこう!

スポンサードリンク

泳ぎの中で一番抵抗になるのが、頭。
今回は顔を固定してストロークすることで抵抗を減らしていきましょう。


頭がずれるメカニズムと直し方

正面から見たときにどうしても頭がずれてしまうことを今回は治していきます。


なぜ頭がずれてしまうかというと、手や腕、肩に頭が引っ張られていってしまうからです。
ローリングし、手をかいていくと、その方向に身体は移動しがちです。


特に呼吸の時などは、呼吸をしなければという動きとローリングが重なって大きくぶれる可能性を秘めています。


では、どうやって直していくかというと、とにかくイメージを最初に持つ所から始まります。
一般的によく言われる、身体の中心に1本の棒が刺さっているように・・・というあれです。


いくら手足が動いたとしても、この棒は動かない。
この棒に頭は刺さっているので、回旋動作はあったとしても、左右にぶれる動作をしてはいけません。
その為にもまずはプールに立った姿勢で練習していきましょう。


どうしても一朝一夕でできるようなトレーニングではありませんので、やらない事が多いのですが、このテクニックもまた非常に重要ですので是非習得できるようにしていきましょう!




この記事は、youtube内『Shinji Takeuchi』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル