背泳ぎで鼻に水が入ってしまう人は、身体を浮かそう

スポンサードリンク

背泳ぎは鼻に水がはいって上手く泳げないんだなぁという方は、多くいるはず。
ということで、今回は、背泳ぎの姿勢を良くして鼻に水が入らない様にしていきましょう。


身体を真っ直ぐにすれば万事解決?

背泳ぎで、水が入ってしまう原因のほとんどが身体が沈んでしまってることです。


身体が沈んでしまうのは、空中に浮いている部分が重力を受けてしまい、その重力で沈むと言う事が原因です。
人間の身体であれば、体脂肪率1ケタの人で無い限り、皆さん力を抜けば浮く事が出来ます。
けれども空中に手を上げ、その重力で沈んでしまい、焦ってさらにバタバタして・・・という事が起きてしまっています。


まず最初に、力を抜いて、息をたくさん吸った状態であおむけで浮く練習をしてみましょう。
力が入っていると沈んでしまいますので、息をたくさんすった状態でリラックスする事が大事です。


どうしても怖いと言う方は、シンクロの方などがつけているノーズクリップを買うなどして練習しましょう。
思った以上に簡単に浮く事ができます。


この状態を作る事を大前提にしたまま、身体を真っ直ぐにしていきます。
ただ、顔が沈む事を怖がってしまい、アゴを引き過ぎたり頭を上げ過ぎたりしてしまうのでなるべくフラットな姿勢を作るようにしましょう。


最初は、身体を浮かせた姿勢から足を少しずつ動かして進んでいく事をおすすめします。
その状態が安定してきたら手を動かしていきましょう。



この記事は、youtube内『森隆弘』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル