初心者が陥ってしまうクロール入水のミスとその理由

スポンサードリンク

クロールの入水の時、真っ直ぐ入水しましょうとよく言われますが、真っ直ぐ入水すると失敗してしまいます。
どういうことか、解説していきます。



真っ直ぐが真っ直ぐじゃない理由

手を真っ直ぐ前に出した状態で、肩の角度を変えずに身体をローリングしてみましょう。


どうなりましたか?手は真っ直ぐ前を向いているでしょうか。
もしそうだとしたならば、それは補正しています。


通常はこのようになるはずです。
rolling


つまり、真っ直ぐ入水していたとしても、肩のローリングが入ると内側に手が入ってしまうと言う事です。

何を意識するべきか

肩のローリングをすることで手が内側に入りやすいということは分かりました。
では、どうしたらより抵抗の少ない入水が出来るのか。


それは、肩の延長線上に手をスライドさせていくという事です。
ストロークしていると自然と肩はローリングして位置が変わっていきますので、その正面に手を入水させます。
但し、常に肩は動いているのでどちらのシーンでも肩の正面に手が入るようにしてきましょう。


キャッチをしてからは通常通りに戻ります。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル