【脱初心者】改めて学びたい、クロールの基本的な泳ぎ方

スポンサードリンク

水泳のクロールは、全ての泳ぎの基本になります。
基本となるクロールをしっかりと学び直していきましょう。


水をボールとして考える

ある程度泳げると言う方が前提ですが、まず身体をしっかりと水面近くに浮かせましょう。
その上で、腕を伸ばし、まっすぐに水に入水していきます。
ストロークする時には腕は曲げながらストロークします。目安は肘は直角にするようにしましょう。


呼吸をするときは、前を見るのではなく、真横を見るようにして首をひねります。
更にここでのポイントとしては、ストロークするときに、手の平だけでなく前腕全体で水を捉えるようにします。
意識として、大きなバランスボールのようなものが腕の前にあると考えてそれを後方へ押し出していきましょう。

手の平の形と足の動かし方

さて、基本的な手の平の形を学び直しましょう。
初心者の方にありがちな、手の平を閉じてしまっているという形はNGです。
手の平を閉じていると水をキャッチする面積が減ってしまうだけでなく、力が入ってしまっているのでパワーロスになります。


手の平の理想的な形は、軽く指の根元から揃えていきます。
触れるか触れないかのギリギリの所をリラックスした状態で形作れるようになりましょう。
リラックスしている事で水をより掴む事ができるようになります。


続いて、足の動かし方ですが、膝を大きく動かしてしまいがちですが、これはNGです。
動かしてもらいたいポイントは、股関節。
足の根元から動かす事でしなるようなキックが出来るようになります。
膝はリラックスした状態を作り出せていると、しなるようなキックができます。


この記事は、youtube内『中日新聞・電子編集部』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル