バタフライで重要なうねりの練習方法

スポンサードリンク

他の種目では無い、バタフライの特徴的な動きは”うねり”です。
しっかりとしたうねりを学んで余計なパワーを使わないようにしましょう。


正しいうねり方

バタフライではしっかりと身体をうねらせていく必要があります。
しかし、初心者に多いのが、上半身と下半身をバッタンバッタンとしてしまう動き。


うねりをやろうとしているのだと思いますが、これは間違っています。
厳密には上半身から徐々に身体が蛇のように動いていかないといけません。


うねりをいきなり練習するのは難しいので、気をつけバタフライで練習しましょう。
うねりで何よりも大切な事は胸からの動きだしです。
腰を上下に動かそうとすれば、簡単に上下に動かせるのですが、胸を上下させようとするとしっかりとうねり動作が出来ないと、抵抗になってしまい進む事が出来ません。


気をつけバタフライであれば、ストリームラインの時よりも胸郭の動き幅が広がるので、動かしやすくなります。
気をつけバタフライをしてしっかりとうねりの動作ができるようになったらワンストロークだけ練習していきましょう。
うねりを実際の泳ぎに繋げていくようにします。


いきなりスイムに繋げる事は難しいので何度も気をつけバタフライ、通常のバタフライを繰り返し練習しましょう。
胸からの動きに注目して動画も見ながら自分の泳ぎにしていきましょう!


この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル