アメリカ流おもしろい水泳のトレーニング特集

スポンサードリンク

アメリカでは日本でなかなか出来ないようなトレーニングをやっています。
面白トレーニングを今日はご紹介していきます。


バケツ引き上げ

動画の最初の方に出ていますが、水の入ったバケツを滑車の先につけて、泳いでそれを引き上げています。


ある一定のラインまでいったら終了などにしているんでしょうか?
日本でメジャーなのはゴムチューブを腰につけて引っ張ると言う事はやられていますね。

アンダーウォーターポール

動画の2番目に出てきますが、ある一定のラインで実際にポールが設置されています。


アンダーウォーターの特訓は意識を高く持たないと手を抜いてしまうのでこれは良いですね。
コーチ側としては明確に指示ができるのでやりやすいでしょう。


ただ、選手側としては嫌ですね。(笑)

スポンジ引き

1つ目で紹介したものとは違うパワーをつける為のトレーニングです。


こちらはバケツと違って長く泳げるというメリットがあります。
ただこれ、めっちゃしんどいんですよね。


日本ではあの入江選手も使っているようです。



頭にボールを乗せる

日本でもこれならば出来そうですね。


ペットボトルを乗っけるなどで一時期話題にもなりましたが、バランスを整える上で有効なトレーニングです。
日本でやる時にはしっかりとプールの方にやっても良いか確認してからやりましょう。


以前の記事でswim mediaの中の読者で出来たという方がいましたが、私は怒られました。注意しましょう。



この記事は、Tools – Carmel Twistより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル