身体を安定させたまま、泳ぐ為のトレーニング方法

スポンサードリンク

水泳が速くなる為には、体幹には力を入れながら手足はリラックスさせて動かせるテクニックが必要です。
今回は、基本的なドライランドトレーニングをしながら、その感覚を掴んでいきましょう。


四つん這い手足上げ

まずは基本姿勢の確認からです。
四つん這いになった状態で、以下のポイントについて確認していきましょう。

  • 手は肩の真下にあるか
  • 骨盤の下に膝はついているか
  • 膝は、肩幅に開けているか
  • 背中は真っ直ぐになっているか


  • このポイントを確認しておきましょう。
    しっかりとした姿勢が出来ていないと、せっかく行なうトレーニングの効果が半減してしまいます。


    基本的な姿勢を取った状態から、右手なら左足、左手なら右足と、クロスさせた状態で手足をあげていきます。
    この時、体幹にはしっかりとちからを入れた状態で動作を行ないます。
    但し、手足の先はリラックスしておく。
    ここが一番難しいですね。


    上に上げきった状態で少し姿勢を保持し、身体が真っ直ぐになっているかを再度確認しましょう。
    戻す時も体幹の力を抜かずに、しっかりと力を込めていきましょう。



    この記事は、youtube内『Strong Runner』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    もし引用されたくない等ございましたら問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル