胸郭を自在に動かすためのトレーニング

スポンサードリンク

前回のトレーニング「ストロークを3cm伸ばせるストレッチ」で広げた可動域を今度はストロークに繋げていく練習です。
可動域を広げるだけでなく、しっかりとコントロールできるようにし、ストロークに活かしていきましょう。



軸を意識する

今回のトレーニングでは胸郭を自分で動かせるようになる事が目的です。


ですが、胸郭のコントロールはトップ選手でも難しく、なかなかできません。
なぜなら肩や骨盤などが他に動かしやすい部位があるからです。


最初に意識を強く持って頂きたいのが身体の軸をブラさないことです。
roll
背骨を中心軸としてしっかりとぶらさずにひねれるようになりましょう。

やり方

まずは身体を起こしていきますが、ここで軽く腹圧を意識しましょう。


続いてひねっていきますが、骨盤を左右ブラさないように注意してひねります。
みぞおちを少し前に出すようにすると少し安定します。


肋骨が伸ばされる感覚を持つ所までひねっていきます。
伸ばされた状態で静止し、戻していきましょう。
この時にストロークを意識するとより効果が上がります。



この記事は、「アミノバイタル アミノプロテイン 」新世代、筋トレメソッド(競泳 #02)より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル