腹筋を鍛えて水泳を速くなる

スポンサードリンク

腹筋を鍛えて泳ぎを強くする

水泳で重要なことは、腹筋だ、体幹だとよく言われますが、鍛え方、知っていますか?
水泳で使える筋肉と、腹筋を6パックに割る腹筋のやり方は違ってきます。
しっかりと水泳で使える筋肉を鍛えるためにトレーニングしていきましょう。



今回のポイント

  • 1.今回鍛えるポイント
  • 2.初心者の方へ
  • 3.水泳で使えるようにするために



1.今回鍛えるポイント

今回主に鍛えるポイントは、腹直筋と腹横筋と腸腰筋です。
体幹をしっかりと固定してくれる筋肉群ですので、しっかりと鍛えていきましょう。

鍛えるポイントとは別で上半身、下半身を動かしていきますが、腹筋以外はリラックスしてトレーニングを行ないましょう。


2.初心者の方へ

動画の途中で出てきますが、初心者の方は手を付いてトレーニングしましょう。
bigginer
このトレーニング、あまり無理をすると腰をそってしまい怪我をする可能性があります。

しっかりと鍛える筋肉郡を意識できるようになってから手をつけずにトレーニングするようにしていきましょう。


3.水泳で使えるようにするために

腹筋は常に泳ぎながら使えるようになっておくことが重要です。
逆を言えば泳ぎながら腹筋を使えるようになると、常日頃のスイムトレーニングが腹筋を鍛えるトレーニングになるということです。

泳ぐ上で、手足はある程度のリラックスをしていないといけませんので、今回のトレーニングでもしっかりと手足はリラックスしていてくださいね。




この記事は、Get abs: Crunch with knees to the chestより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル