股関節の怪我を予防するために脚振りをやろう

スポンサードリンク

準備体操の目的は、血流を良くしておくことと筋温を高めること。
今回は股関節の動きを良くするための準備運動を習得しましょう。


脚振りのやり方

まず最初は壁に手をついた状態で、内側の脚を前後に振っていきます。


意識したいポイントは、3つです。

  • なるべく力を抜くこと
  • 脚の付け根、股関節から動かすこと
  • 最初は小さく、徐々に動きを大きくしていくこと


  • 準備運動なので股関節を温めるということを忘れずに動いていきましょう。
    いきなり張り切って怪我をしないように要注意。

    上級者向けの脚振り

    身体をうまくコントロールできる!という人はこちらの脚振りを行ないましょう。



    先ほどと違うところは、壁を持たないことと上半身を動かすことです。
    バランスをとらなければいけない分少し難易度が上がっています。


    上半身と下半身を上手く動かして綺麗な姿勢を作りながら股関節をあたためていきましょう。



    この記事は、youtube内『cyoxtukori』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル