陸上で速い背泳ぎを身につけよう!

スポンサードリンク

背泳ぎのフォームはなかなか修正するのが難しいのですが、エアースイムをやることで解決ができます。
また、負荷を加えることで、よりスピードのあるスピードを身につけることが出来ます。


エアースイム

まずは正しいフォームを身につけるためのトレーニングです。
寝そべった状態でエアースイムをしていきましょう。


まず最初は手を伸ばしたまま大きく手を回していきます。
続いて、肘を曲げてエアーで通常の泳ぎと同じ動かし方をしましょう。
肩から大きく動かせるように少し肩を出してあげるとよりスムーズに動かしやすくなりますよ。


続いて、チューブを使って負荷をかけて動かしましょう。
可能であれば、長い椅子に寝そべって、肘を曲げたしっかりと泳ぐフォームでやりたいですね。
出来なかったとしても身体のバランスをしっかりととりながら負荷をかけていきます。


大事なことは、なるべく身体の中心から動かすということ。
チューブが強くなると腕の力を使ってしまいがちになりますが、肩甲骨や身体の中心部から動かすようにしましょう!


この記事は、youtube内『YTswimmingschool』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル