より効果的な背筋トレーニング

スポンサードリンク

ちゃんとした背筋は出来ていますか?

皆さんは筋トレやっているでしょうか?
水泳を速くなる為には筋トレも重要ですのでやっていない方はやっていきましょう。

背筋は簡単に出来ますが、しっかりとやらないと腰を痛める原因になりかねませんのでしっかりと強化していきましょう。



今回のポイント

  • 1.背筋を鍛える事で
  • 2.肩甲骨を動かす
  • 3.効果が出るまで



1.背筋を鍛える事で

背筋を鍛える事で何が変わるでしょうか。
更なる効果アップを目指すために目的を明確にすることが重要です。

背筋を鍛える事でしっかりとした姿勢を作る事ができます。
腹筋背筋は土台です。土台がしっかりしている事でよりパワーを発揮する事が出来ます。


2.肩甲骨を動かす

背筋を鍛えていく事は非常に重要ですが、水泳では更により動きが出せるように肩甲骨を動かしましょう。
ストロークをしていくうえで、手をより前に出したり、パワー発揮が出来るようになる為に肩甲骨が動きが必要です。

しっかりと肩甲骨を動かしながら背筋をしていきましょう。


3.効果が出るまで

水泳でのスイムトレーニングのように何かフォームが劇的に変わるようなものではありません。
一般的に筋力が付くまでに約3か月かかると言われていますので長期的な目線を持ってトレーニングしていきましょう。

ちなみに背筋がしっかりとトレーニング時に温めてられていない人の場合は、泳ぎが劇的に変わったりします。



今日の名言

それでも俺は常に俺流を貫いてきた。アドバイスに耳を傾けるが、すべて言いなりにはならない。聞くが、聞かない。これが俺の哲学だ。

ズラタン・イブラヒモビッチ

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル