体幹と下半身を同時に鍛えられる陸上トレーニング

スポンサードリンク

体幹を使いこなしている人は、体幹+その他の筋肉をコントロールできています。
今回は、スタビライゼーションを上手く活用して鍛えていきましょう。


体幹と下半身の筋肉

今回は、体幹と下半身の筋肉を鍛えていくトレーニングを中心にやっていきましょう。
さぁ、早速やりましょう!


身体を真横にし、コードに下の足を乗せた状態を取ります。
この状態から身体を持ち上げながら、上の足を上に上げていきます。
まずはベーシックな状態からやっていきましょう。


続いて上半身を肘をついた状態でやりましょう。
手を上に上げることでバランスがとりやすくなります。


今度は、コードを上の足に換えましょう。
先ほどやっていた肘つきの状態で身体をフラットに上げたら、足を前後にふっていきます。
内転筋を活用して、体が前後にぶれないようにやっていきましょう。


少し難易度を上げていきましょう。
コードを下の足に乗せる状態にまた戻しましょう。
肘つきの足を上げるときに肘に小さいジムニックボールを置きます。
バランスをしっかりととりながら今までと同様の動きを行なっていきます


最後に手の平をついた状態で全身をあげましょう。
足を高く上げるようにし、バランスをしっかりととりましょう。


難易度が高いものからやさしいものまで色々とありますが、自分にあったものを丁寧にやっていきましょう。


この記事は、youtube内『RedcordWorldwide』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル