懸垂が出来ない人は、まずはこのトレーニングから始めてみよう

スポンサードリンク

肩甲骨を寄せる動き、自由自在にできますか?
寄せられる人はよりパワー発揮が出来るようにしていきましょう!


コードプルアップ

一時期から懸垂をトレーニングに取り入れる選手が増えてきました
とはいえ、懸垂は非常に上級者向けのトレーニングです。


懸垂では、しっかりとしたからだの使い方ができないと、上腕ばかり使うことになってしまいます。
今回のトレーニングは懸垂が上手く出来ない人の初心者向けとしても使えますし、懸垂とは違った広背筋の鍛え方になるので、覚えておくのをおすすめします。


では、早速やっていきましょう。
コードを腕を伸ばしてつかめるくらいの状態にしておきます。
身体をそのまま持ち上げていきますがお尻はついたままでOKです。
腕ではなく、背中を寄せるようにして身体を持ち上げていきます。
この背中の使い方をしっかりと覚えておいてください。


背中が丸まらないようにしながら、徐々に位置を変えて、負荷を上げていきましょう。
腰から肩までが真っ直ぐになるようにし、背中を寄せることで広背筋への良いトレーニングとなります。
踵で支えるようになったら、腰が落ちないように、膝から肩までを真っ直ぐにしましょう。


この記事は、youtube内『RedcordWorldwide』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル