安定した泳ぎを身につける為の体幹+αのトレーニング

スポンサードリンク

体幹とは、主に頭と四肢を除いた身体の幹となる部分を指しています。
水泳では、少し範囲を広げて、臀部(お尻)とハムストリングスも使って身体をしっかりと安定させましょう。


体幹+下半身のトレーニング

今回の目的は、腹筋背筋と同時に下半身を使い、身体を安定させる事と、その状態で身体を自在に動かせるようにすることが目的です。


身体のコア部分はなるべく動かないようにしたまま、その他はリラックスして身体を動かせるようにしましょう。
では、早速やっていきましょう!


まず最初は、片方の膝のしたにレッドコードを巻き、身体をフラットに上げていきます。
あまり高過ぎないようにしましょう。
紐がなるべく地面に対して垂直になるようにします。


この状態では、主に体幹と支えている方の臀部とハムストリングスを強化しています。
さらにこの安定した状態から、反対側の足を外へ広げていきます。
反対側の足の臀部を鍛えながら、身体がふらつかないように体幹と支えている足でしっかりと固定するようにしましょう。


続いてこの動きから、一旦地面に足をおろします。
腰もしっかりと落とした状態から、支えている足側のハムストリングなどを使って身体を真っ直ぐ持ち上げます。
この動きをやったあとはすぐに固定して先ほどの動作へ移っていきましょう。


少し違った動きもやっていきます。
少し足を広げた状態で寝そべった状態から身体を回転させながら足を高く上げます。
支えている足以外に、腹斜筋を使ってねじっていきましょう。
変わらず身体が左右にぶれないように気をつけましょう。


今までは紐が膝の下でしたが、今度は足首につけましょう。
負荷はかなり上がるので無理をしないようにしてください。


足首につけた状態で先ほどの動作と同様の事をやっていきます。
先ほどよりも身体が左右にぶれやすいのでしっかり力を込めてくださいね。




この記事は、youtube内『RedcordWorldwide』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル