基本的なクランチのやり方と効果を上げるポイント

スポンサードリンク

筋トレの種類はたくさんあります。
その中の一つが、今回紹介する「クランチ」


非常にシンプルなトレーニングですので、正しいやり方をしなければ効果が出ません。
また、効果を出そうとして、大げさに動かすことで、首や腰を痛める可能性があります。
正しいやり方を身につけていきましょう。


クランチとは何か

クランチは、腹筋の中でも腹直筋に特に効かせることができるメニューです。
しかし、やり方は非常にシンプルな為、効果が出ない、あまり効いてこないという事を言われる方も多いのも事実です。


しっかりとした方法でやることで効果的に腹筋を鍛える事ができます。
効果を最大限にするために、正しいやり方とポイントを学んでいきましょう。

効果的なクランチのやり方とポイント

まずは基本的なやり方からです。


1.仰向けになり膝と股関節と足首をそれぞれ90度に曲げて持ち上げる
2.腹圧を入れ、息を吐きながら膝と肘をくっつける
3.息を吸いながら肩甲骨が軽くつくくらいまで下げる


まずは、基本的な姿勢を取りましょう。
クランチの基本姿勢
股関節から膝、足首とそれぞれ90度に基本姿勢をとります。
一番基礎となる体勢なので注意をして鏡をみるなどをしながら姿勢を整えていきます。


続いて、身体を上げていきますが、まずは腹圧を入れた状態にしましょう。
入れた状態で身体を持ち上げていきます。
この時反動を使わない様にしましょう。
ジワリと持ち上げるようにします。


クランチを持ち上げる時のポイント
更に持ち上げる時にも、腹圧を抜かない様にして持ち上げます。
持ち上げる時には息を吐きながらやると良いでしょう。


持ち上げた後は、息を吐きながら降ろすようにしましょう。
降ろし過ぎず、肩甲骨の下部が軽くつくくらいまで降ろしましょう。
最初は、8回くらいを目安にじわりじわりとやりましょう。

まとめ

クランチの効果はあるものですが、今までのポイントをおさえて出来ないと効果が上がりません。
しっかりとポイントをおさえながらやりましょう。


もし効果があがりづらいと思う人は、頭から手を離して腹筋を触りながらトレーニングしてみるのも、いいですよ。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル