見た目以上にしんどいストレート懸垂とは?

スポンサードリンク

なんだかんだいって水泳は上半身勝負なところがありますね。
圧倒的なプルを身につけるために、水泳に活きる懸垂をやっていきましょう!


ストレートバック懸垂

懸垂はプルのパワーアップには欠かせない種目です。
とはいっても誤ったやり方をしてしまうと逆効果になります。


今日は水泳に活きる懸垂を覚えましょう。
まず、バーを握ってぶら下がりましょう。
前後に身体が振れないように注意しましょう。


この状態から、身体を真っ直ぐに持ち上げていきましょう。
バーは頭の後ろに来るようにします。


首をすぼめないように、肩甲骨が下に寄せるような動きをするように力を入れていきます。
広背筋をつかってしっかりと持ち上げていきましょう。
持ち上げた後はゆっくりと下に下ろし、肘が伸びきるところまで伸ばしましょう。
勢い良く力を抜いてしまうと怪我に繋がりますので、なるべくゆっくりと確実に行ないましょう。


この記事は、youtube内『furutanisouka』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル