ドローイン単体では役に立たない!?泳ぎに役立つ為のドローインとは?

スポンサードリンク

水泳の基本中の基本である動作がドローイン。
ドローインをキープしたまま身体をコントロール出来るようになるには地味な練習が必要です。


ドローインからの足左右

基本的なドローインのおさらいは、こちらから。
今回の目的はドローインの状態をキープしたまま、身体をコントロールしていくということです。
ドローインは単体でやると簡単な技術ですが、単体では役に立たず、他の動作をするときにこそ役に立つ技術です。


では、早速やっていきましょう。
ドローインの姿勢をとったら片足を真っ直ぐに伸ばします。
この姿勢でもドローインの体制が崩れてしまったら足を戻しましょう。


足を伸ばしたら左右に広げていきます。
広げる幅を競っている訳ではないので、大きく広げなくてOKです。
膝の2つ分ほど広げる位で問題ありません。


ここで大切な事が膝を水平に動かしますが、上下には動かしてはいけないということ。


ドローイン左右の説明
普段動かした事が無いような腹筋の動き方をすると思いますので、ドローインはキープしたままゆっくり動かしましょう。
何度も言いますが、大切な事はドローインの姿勢をキープしたまま動作をすることです。
基本中の基本ですが、トップアスリートもやっている練習なのでウォーミングアップに是非取り入れてみてくださいね!


何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル