ドローインをしながら身体を動かして泳ぎにつなげよう

スポンサードリンク

水泳の基本中の基本である動作がドローイン。
ドローインをキープしたまま身体をコントロール出来るようになるには地味な練習が必要です。


ドローインからの足上下

基本的なドローインのおさらいは、こちらから。
今回の目的はドローインの状態をキープしたまま、身体をコントロールしていくということです。
ドローインは単体でやると簡単な技術ですが、単体では役に立たず、他の動作をするときにこそ役に立つ技術です。


では、早速やっていきましょう。
ドローインの姿勢をとったら片足を真っ直ぐに伸ばします。
この姿勢でもドローインの体制が崩れてしまったら足を戻しましょう。


足を伸ばしたら上下に上げ下げしましょう。
スピードや動きの幅が重要ではありませんので、じっくりと動作を確認しながら行ないましょう。
上げる時は膝がそろう程度、下げる時は床と水平になるほどまで下げましょう。


動作の切り替えのタイミングは特にドローインが崩れやすい位置なので常にドローインの姿勢をキープしましょう。


ドローイン足上下の説明


泳ぎの中でドローインが出来る事でボディポジションを高くすることができます。
泳ぎの中では手足がそれぞれ動いた状態でドローインをキープしなければいけないので、これは無意識レベルでも出来るようになるくらい何度も繰り返しながらやってくださいね!


何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル