基本的な腹筋のやり方(その2)

スポンサードリンク

こんにちは。小坂悠真です。

今日は、前回に引き続き基本的な腹筋のトレーニングを3つご紹介したいと思います。
前回のメニューよりも少しレベルが上がっているので、丁寧に行なっていきましょう。

基本的なトレーニングをしっかりとやる事が一番強くなる近道です。
注意する点などをしっかりと気をつけて、水泳にきく腹筋を付けていきましょう。



1.ベーシックプランク

plank
まずは最初は姿勢を作りましょう。

股関節、膝、足首はそれぞれリラックスしつつも90度に曲がるようにします。
鏡などを活用しつつ、しっかりと体制を作りましょう。

続いて腹筋をやる時のポイントですが、しっかりと腹直筋ではなく、腹横筋を鍛えるようにしましょう。
腹圧を入れるようにします。
腹圧について分からない方は、こちらの記事を参考にしてください。



2.ディーププランク

deep_plank
1でやったプランクから体制を変え、別の腹筋を鍛えます。

股を開き、その間から腕を入れ、踵を触るようにしましょう。
腹圧をいれたままやる事は非常に難しいですが、しっかりと意識をしてください。

先ほどの腹筋よりも、奥深くにきくように、勢いよくあげるのではなく、じわりじわりと上げるようにしましょう。



3.V字腹筋

v_fukkin
さて、今回の中で、一番しんどい腹筋になります。
が、しっかりと基本をおさえてやっていきましょう。

まず気をつけて頂きたいのが、身体を伸ばした姿勢の時。
この時に腰が地面から浮いてしまう事があります。
怪我の恐れがあるのでしっかりと腹圧に力をいれて腰が浮かないようにしましょう。

続いて、上げる時に腹直筋で上げてしまわないようにしましょう。
身体を伸ばした時と同様に腹圧を入れたまま、身体を上げるようにします。

反動を使わない様に丁寧に腹筋を鍛えていきましょう。



いかがでしたでしょうか?
ベーシックな腹筋ではありますが、丁寧にやれば間違いなく強化に繋がるトレーニングです。

是非とも毎日やるくらい頑張ってくださいね!

前回のメニューはこちら

小坂 悠真
元競泳日本代表。2011年度200m個人メドレー日本ランキング1位。 株式会社ルピナス取締役。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル