水泳に活きる大臀筋のトレーニングを行なおう!

スポンサードリンク

泳いでいるときに身体を安定させ、ボディポジションを高めるには、体幹+大臀筋(お尻の筋肉)を鍛える必要があります!
しっかりとした肉体を作っていきましょう!


ブリッジング

今回の目的は、大臀筋を鍛えること。ただそれだけではなく、体幹も意識して行なっていきましょう!


まず最初に重要になってくるのが、基本的な姿勢。
寝そべった状態で、膝を立てましょう。
このとき、腰の部分が地面にぺたりと付いていないと思います。
まずはここをつけるようにしましょう。


体幹トレーニングの腹圧を入れるという動きになります。
この基本姿勢ができたら続いてお尻をしめる動作に移っていきます。
寝そべった状態から身体を起き上がらせていきます。


大切なことは、おしりをしめることですが、体幹の力も抜かないで!
ハムストリングスなどを使いすぎて腰が上がり過ぎないようにも注意。
膝から肩までがまっすぐになればOKです。
反らないように注意ですね。


この状態で、しっかりとおしりと体幹に力を入れましょう。
上げた状態でしっかり力を入れられたら、力をいきなり抜きすぎず腰を下へと下げていきます。


水中での練習時にお尻と体幹に力を入れることでボディポジションが高くできるので、自然にできるようになるまで練習しましょう!



この記事は、youtube内『Passion4Profession』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル