正しいハムストリングスのストレッチの行ない方

スポンサードリンク

ジムなどで一番多く行なわれているストレッチが今日紹介するものじゃないでしょうか。
但し、皆さん大きく間違っている事が多々あります。
今日はしっかりと構造も理解しておきましょう。


腰を痛めてしまう訳

正式名称は、「長座体前屈」。


このストレッチでは、ハムストリングスを中心に伸ばしていきます。
ハムストリングスがどうついているかというと、骨盤の下から膝の少し裏まで伸びています。


動画を見られた方は分かると思いますが、この筋肉が硬くなっている状態で無理にストレッチをすると腰に負担がかかってしまいます。
何故かと言うと、ハムストリングスがもう伸びないので他の部分が伸びようとし、結果的に腰へのダメージとなってしまいます。


ではどうやったら良いのか。
ハムストリングスを伸ばす時は、なるべく片足ずつ行う事をおすすめしています。


片足ずつ行う事で、骨盤を前傾させた状態でストレッチする事ができ、ハムストリングスを伸ばす事ができるからです。



この記事は、Seated Hamstring Stretch | Muscle and Motionより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル