強靭な体幹を作る為の上級向けスタビライゼーション

スポンサードリンク

強靭な体幹を作る為には、TRXやレッドコードなどを使ったスタビライゼーションが効果的です。
今日はパワフルな動きを作る為のスタビライゼーションをやりましょう。


動的スタビライゼーション

通常、スタビライゼーションというと、決まった姿勢のまま動かれないイメージがあるかもしれませんが、今回は動いて行なうスタビライゼーションになります。


動いていく分、体幹のコントロールをより細かくしていかなければいけません。
その為、ハイレベルなものが多いのも特徴です。

スタンディングtoダウン

このトレーニングでは、コードを短くして行ないます。
腰から腿くらいの位置が適切です。


コードを垂らした状態から、腕を前に出し身体を前に動かしていきましょう。
この状態で、身体が真っ直ぐになるまで伸ばし、直立の姿勢に戻します。
常に背筋はまっすぐの姿勢を保ちましょう。


スタートの身体の位置をコードに近づけるほど簡単になります。
動画の2本目の動きのように腕立ての姿勢から前に動いていくトレーニングが一番強度としては高いものになります。


いきなりやると腰を痛める危険性があるので、注意してくださいね!

フロートプランク

このトレーニングでは、手足両方をコードで吊ります。
不安定さが増すためより一層身体との対話が必要になってきます。


まず最初は、足首と肘(前腕)をつるします。
位置としては、コードが真っ直ぐになる位置に調整しましょう。
この状態でしっかりと安定してキープできる所までやります。


安定してきたら、この状態から肘を前に出していきます。
身体が真っ直ぐから腰が落ちてしまわないように注意。
腕の力ではなく、腹筋を使って戻すようにしましょう。


続いて、上半身を支えていた箇所を肘から手に変えていきます。
腕立て伏せのような位置ですね。


この状態から変わらず、姿勢を真っ直ぐにしたまま伸ばしていきます。
もし戻せなくなったら身体を地面につけてしまいましょう。
ギリギリの状態で力を入れていると腰を痛める原因になります。


しっかりとレベルにあったトレーニングを行なっていき、強靭な身体を作りあげましょう!!



この記事は、youtube内『RedcordWorldwide』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。


【アンケート実施中】
swim mediaでは、皆様によりよいサービスを提供する為に、アンケートを実施しております。
簡単なアンケートになっていますので、こちらよりご協力お願い致します。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル