パワーアップに最適なジャンピング腕立て伏せ

スポンサードリンク

パワーを上げるには負荷の高いトレーニングをする必要があります。
今回は上級者向けの腕立て伏せです!!


注意すべき点とやり方

今回の腕立て伏せはかなり上級者向けです。
効果は高いんですが、危険性も高いので注意が必要です。


特に手首の怪我に繋がる可能性が高いです。
また、肘や肩も怪我になりやすいので、注意しましょう。
柔らかく着地することで関節に負荷がかからず、トレーニングすることができます。


さて、実際のやり方ですが、まずは軽く手を浮かせる所から始めましょう。
いきなり手を叩こうとすると怪我につながります。
最初は手を軽く浮かせるだけ。徐々に高さを出していき、ある程度高くできたら手を叩くようにしましょう。


手を叩くことにトレーニングとしての効果は薄く、高く飛ぶことに意味があります。
パワフルな大胸筋をつけていきましょう!!



この記事は、youtube内『MuscleWatching』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル