なかなか鍛えづらい下腹部のトレーニング

スポンサードリンク

スタイルも良くなるし泳ぎも良くなるトレーニング

今回は、下っ腹を鍛えます!そうです、皆さんが気になっている下腹部ってやつですね。
人間の身体は色々な筋肉が複雑に絡み合っていますが、腹直筋でいうと下図のようになっています。
通常の腹筋だと上部を鍛えるトレーニングが多いですが、下部を鍛えていきましょう。

腹筋


今回のポイント

  • 1.腰を反らない
  • 2.泳ぎに繋がるようにする
  • 3.筋肉を意識して行う



1.腰を反らない

腹筋をするうえで一番怪我になりやすい部位は腰です。
何で怪我をしてしまうかというと腰を反った状態で腹筋をしてしまう為、腰にダメージを蓄積してしまうんです。

しっかりと腰を反らずに腹筋をしましょう。
特に足を上げ下げする腹筋でしんどいものは、腰が反りやすいので注意しましょう。


2.泳ぎに繋がるようにする

今回の下腹部を鍛える目的は、しっかりとした泳ぎを身につけるために鍛える。これを忘れないでください。
さて、では具体的にどうやって繋げていくかというと、水泳のどのシーンで使うかを理解する事から始まります。

下腹部の腹筋はいつ使うでしょう?考えてみてください。

答えとしては常に使うのですが、特に使うのは姿勢の維持とキックのタイミングで良く使います。
姿勢を維持するということは、正しい姿勢の状態にキープしたままにして、手足を動かすという事です。
つまり腹筋だけに夢中になってはいけません。動かしている時は、その他の部位はリラックスしていつでも動かせるようにしましょう。


3.筋肉を意識して行う

トレーニング全般で言える事ですが、鍛える部位を意識して行いましょう。
実際に、学術的にも効果が出ていると言われていますし、自分でも意識してやると負荷が上がったように感じると思います。

今回の腹筋で鍛えたいのは、下腹部です。
しっかりと意識を鍛えて行いましょう。


今日の名言

レースとは勝つ為にするもの。勝つためにトレーニングしているし、勝つことだけを考えて準備している。2位になる準備なんてしていないからね。

ルイス・ハミルトン

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル