水泳が早くなる肩甲骨トレーニング

スポンサードリンク


肩甲骨は水泳の8割を決める!?

肩甲骨は、水泳の中で重要な部位です。一説では8割位を決めるとも。
非常に日常では意識しづらいポイントではありますが、動かせるようにしっかりと意識してストレッチしましょう。



今回のポイント

  • 肩甲骨への理解
  • 可動域の向上



肩甲骨への理解

肩甲骨は、6つの方法に動く事が出来る非常に可動性の高い部位になります。
肩甲骨がどのような動きをする事ができるのか、どうやって動いているのかを理解する事は非常に重要です。

可動域の向上

まず肩甲骨の可動範囲を理解したと思います。続いて、その範囲を徐々に拡大していけるようにします。
そうすると、単純にストローク長が伸びる事になります。余裕のある大きなストロークができることになります。

上半身を強くする上で確実に必要なポイントなのでしっかりとトレーニングしてください。


今日の名言

明日からメドレーリレーがありますし、競泳は8日間において、27人で一つのリレーをしているようなものなので、最後の男子リレーの自由形の選手がタッチするまで、27人の選手のリレーは終わらないです。

入江 陵介

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル