水中姿勢を良くするために体幹とお尻を同時に鍛えるトレーニング

スポンサードリンク

今回は、体幹を鍛えながらお尻を強く鍛えるトレーニングです。
初心者の方はこちらのトレーニングからやるようにしてくださいね。



基本姿勢を作る

まず最初に基本となる姿勢を作りましょう。


映像でも説明がありますが、背中からかかとまでがまっすぐになるようにします。
また、足は肩幅より少し狭く置きトレーニングするようにしましょう。


腹圧をしっかりと意識しながら、綺麗な姿勢を取ります。
鏡を使う、仲間と一緒に確認しながら行なうなど、しっかりと確認しながら鍛えましょう。

トレーニング動作

シンプルに基本姿勢から片足を上げていきます。


この時にしっかりとお尻の筋肉(大臀筋)を使うように意識してください。
くれぐれも勢いよく高く上げ過ぎたりしないようにしてくださいね。


ゆっくりと確実に鍛えたい部分を意識して行なう事が重要です。

良くある間違い

このトレーニング、難易度が非常に高いので身体がずれてしまう事が多々あります。
よくあるパターンとしては以下のパターンが多いので自分がなっていないか確認しましょう。

  • 足をあげる時に腰が高い位置に上がってしまっている
  • 足をあげる時に、身体全体がねじれてしまっている
  • 肩に力が入りすぎてしまっている
  • 苦しくなり姿勢全てが悪くなってしまう


  • 正しいトレーニングをしていない場合は、間違った筋肉がついてしまうので注意して行なっていきましょう。


    この記事は、Leg Pull Down (Stabilization with leg raising)より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル