平泳ぎをあとちょっと強くするための内転筋エクササイズ

スポンサードリンク

平泳ぎを泳ぐ上で、内転筋は重要な筋肉です。
キックをうって、しっかりと閉じながら水を後ろに押し出すための筋肉になります。


内転筋エクササイズ

今回のは、少し姿勢が辛いかもしれません。
出来る方のみやっていきましょう。


仰向けになった状態から足を顔の上まで持ち上げてきます。
その後、腰に手をおき、足を真上に上げれるようにしましょう。
腰を支える手は、地面に肘をつけ固定すると良いでしょう。


この基本姿勢が出来たらその状態から足を広げて閉じていきます。
なるべく身体がぶれないように左右同時に広げていきます。


あまり勢いよくやると怪我をしてしまうので、徐々に徐々に広げていくようにしましょう。
また、姿勢が悪いと内転筋のトレーニングならないので、しっかりと腰から足先までも垂直にあげられるようにしましょう。




この記事は、youtube内『Strong Runner』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル