水泳で活きるウエイトトレーニング、プルオーバー

スポンサードリンク

パワー発揮をするためには、やっぱり筋肉が必要になります。
今日は水泳に活かしやすい筋肉のつけ方をしましょう。


ダンベルプルオーバー

今回のトレーニングは、筋肉のパワーアップとストレッチと両方のメリットがある筋トレ方法になります。
大胸筋の強化と胸郭のストレッチを行ないましょう。


まずダンベルを持った状態で、ベンチに横になります。
ベンチに真っ直ぐ寝転がるのではなく、横から動画のように垂直に横になりましょう。
背中の位置は、肩甲骨の下部があたるようにしましょう。


ダンベルは握らずに重りの部分を手の平で支えるようにしましょう。
最初は顔の正面にダンベルがくるようにしましょう。
この状態で背中などをしっかりと真っ直ぐさせ、体幹に力を入れましょう。


床と水平になるようなところまで腕を下げていきます。
肘が曲がらないように注意しながら、大きな円を描くようにして下げていきます。
このとき腰が曲がってしまったりしないように注意です。


下ろしていくときに胸郭が反るような感覚を持てると良いでしょう。
肩甲骨が背中に刺さってくるような感覚をもてると良いですね。


なるべく身体をコントロールして、水泳に使える筋トレ、ダンベルプルオーバーをしていきましょう。


この記事は、youtube内『USAswimcoach』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル