腕立てをやるならまず基本の姿勢が出来るかをチェックしよう!

スポンサードリンク

どのスポーツでも大切なのは、姿勢。
姿勢が綺麗な人、フォームが綺麗な人はやっぱりどのスポーツも上手かったりします。


腕立てスタビライゼーション

今回のスタビライゼーションは、腕立ての姿勢をする事が基本です。
後半は少し動きを加えて負荷を加えていきましょう。


腕立てをやろうとしている方も、このトレーニングができていないと腕立ての効果が半減してしまいますので、やっておきましょう。
まず腕立ての姿勢をとりましょう。
この状態で、腹圧を高めていきます。大事な事は、背中からかかとまでを真っ直ぐにするということ。


手は肩幅くらいに広げ、肘を伸ばした状態で手をつきましょう。
背中の肩甲骨を少し寄せるようにしてあげると良いでしょう。


基本的な姿勢を取れたら、片足を持ち上げた状態をキープ。
左右のぶれなどが無いようにし、膝を同側の肘に近づけていきます。
姿勢を良いままをキープして背中が曲がらないようにしましょう。


基本的な練習ですがこれができないとかなり問題です。
まずは出来るか挑戦していきましょう!


この記事は、youtube内『筋トレTV』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル