腕立てしながら体幹を鍛える

スポンサードリンク

腕立てをしながら体幹を鍛える

陸上トレーニングはどんなことをやっていますか?
腹筋?背筋?スクワット?腕立て?

色々な陸トレ方法がありますが、今回は腕立てしながら体幹を鍛える事が出来るトレーニングを行いましょう。
しっかりとしたトレーニングをする事で泳ぎが速くなりますよ!



今回のポイント

  • 1.体幹を固定する
  • 2.腹圧を入れる
  • 3.上り下りをする際に



1.体幹を固定する

読んで字の通り「体の幹」です。コアとも言ったりします。
体幹は、頭と左右の手足を除いた身体全体の事を指します。
ですので、勘違いされやすいのですが、腹筋だけのことを指す訳ではなく、背筋なども使います。

更に今回は、体幹と言っていますが、みぞおちから足の付け根くらいまでを体幹といっています。

大事な事は、体幹を固定する為に力を入れる事は重要になってきますが、その他の部分は適度な緊張を保ち、自由に動かせる事が重要です。
全身を硬直させるのではなく、体幹のみ力を入れられるようにしてください。


2.腹圧を入れる

さて、背筋は良い姿勢を作っていると鍛えられるのですが、腹筋は少し意識しないと効いてきません。
腹圧を入れる、とスポーツ界では言っていますが、こちらも読んで字の通り、「腹の圧力」の事を指しています。

ここで重要なのは、お腹を出して圧力を高めるのではなく、お腹を凹まして圧力を高めます。
身体を絞るイメージですね。

しっかりとトレーニング最中、可能であるならば全ての動作の時も常に腹圧を高めた状態でトレーニングすることをおすすめします。


3.上り下りをする際に

実際に映像のトレーニングに入っていく際には、上記2点をしっかりと意識しながら行っていきます。
また、上り下りをする際に
右手→左手→右手→左手、と動かしてしまう方が非常に多いと思いますが、上り下りは色々なパターンでやりましょう。

・右手→左手→左手→右手
・左手→右手→右手→左手
・左手→右手→左手→右手

こうすることで筋肉の片寄りがなく、しっかりとした水泳に役に立つトレーニングが可能になります。

スタートを上からやる、下からやる、と変えるのもオーケーです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル