レッドコードを活用した水泳の強化トレーニング方法

スポンサードリンク

水泳は、不安定な環境下でいかに身体をコントロールできるかが勝負になってきます。
レッドコードを活用した、体幹トレーニングを行なっていきましょう。


様々な姿勢で安定させる

今回は片足だけを吊り下げ、身体を空中に浮かせた状態で、様々な動きを行なっていきます。


ここで大切な事は、ふらふらとしないこと。
その為には、体幹をしっかりと支えられる力が必要になってきます。


動きをしている最中に前後左右にぶれてしまう場合は、水中でも同様の動作の時に身体がぶれてしまっていますので、集中的に強化しましょう。
では、早速トレーニングしていきましょう。

プランクサイドキック

両ひじをつき、基本のプランクの姿勢を取ります。
この状態から、足を外側に開いてきます。


身体の柔軟性によっては大きく開けない事がありますが、大臀筋を鍛える事と、姿勢を安定させる事を意識してください。
身体と動かす足は、水平に出来るようにしましょう。

プランクサイドツイスト

先ほどのサイドキックで開いた位置から上半身ごとねじっていきます。
紐に触れるくらい身体をねじりながら上にあげていきます。


常に体幹はキープ。腹側筋などを意識して大きく動かしましょう。
地面に足がつかないようにします。


やり方は、上半身が肘つきか、手をつくかで分かれてきます。
最初は肘つきから。慣れてきたら手をついた状態でよりダイナミックに動かしていきましょう。

プランクフルツイスト

さぁ、かなり難しいレベルになってきました。
まず最初は、プランクの姿勢をとります。
その状態から、プランクサイドツイストを行ない、足を上にあげていきます。


上げた後は、吊り下げている足の下を通すようにして、身体を反対側に向けます。
肘は吊り下げている反対側の肘をつくようにします。


動画でもふらついていますが、これができるようになったらかなりの上級者。
水中でもパワーを発揮できるよう力強い体幹を身につけていきましょう!



この記事は、youtube内『RedcordWorldwide』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル