肩甲骨周辺の筋肉をゆるめて怪我防止、可動域UPへ!

スポンサードリンク

今回はゴルフで役に立つストレッチの紹介ですが、ストレッチはどのスポーツも共有。
肩甲骨周りの柔軟性を高めていきましょう!


肩甲骨の可動域を広げる

肩甲骨は胸筋や広背筋などなど、周辺の筋肉を伸ばす必要があります。
今回は様々な角度から肩甲骨周辺の筋肉・関節を伸ばしていきましょう


やる際には、じわーっと伸ばすようにしましょう。
息を吐きながらゆっくりと30秒間やるようにしましょう。


まず最初は、肘を90度にまげ、壁につけます。
この状態から胸を前に突き出すようして大胸筋を伸ばします。


ここから手の位置を上や下に変えていくことで、伸びる部位を変えていきます。
大胸筋の上部や下部をしっかりと伸ばすことで更に可動域が広がります。


続いて身体の側面をつけて伸ばしてきます。
わき腹から、肩周辺までが延びるように意識してください。


最後に壁に手をつけた状態で壁を向いて上腕のストレッチをおこないます。
肩周り全体の筋肉をこれで伸ばすことができました。
肩をまわして見ましょう、上手くできていればいつもよりも肩が回りやすいはずです。


この記事は、youtube内『HIGH SPEC GOLF』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル