体幹を安定させられる超上級者向けのスタビライゼーショントレーニング

スポンサードリンク

スタビライゼーションは、様々なトレーニング方法があります。
どのトレーニングも重要ですが、自分がレベルアップしたかどうかを判断する為にも、今回はちょっと上級者向けのトレーニングにチャレンジしてみましょう。
5回出来たらあなたもプロ級ですよ!


サイドプランクムービング

通常のサイドプランクは、肘と脚、もしくは、肘と膝で身体を安定させるだけのモノですが、今回は身体を動かしていきます。
早速ですが、具体的に説明していきますのでやっていきましょう。


まずとるべきは基本姿勢です。
横に寝転がった状態から、肘と足で全身を持ち上げていきます。
この時注意したいポイントが二つ。


side-plank-move-1


まず一つ目がこちら。
上半身から足先までピンっと真っ直ぐに伸ばしましょう。
これが出来ない状態でやり始めても何も意味がありません。


side-plank-move-2


続いて二つ目がコチラ。
疲れてくると下半身が落ちやすくなってきます。
下半身がくの字に落ちてしまうと体幹を鍛えられていない事になりますので、要注意。
鏡などを時折見て、身体が真っ直ぐになっているかしっかりとチェックしましょう。


さて、ここまで出来てようやく基本姿勢です。
大丈夫ですか?ついてきていますか?笑


実際に手足を動かしていきますが、先ほどまでやっていた基本姿勢を崩さない様にして肘と膝をくっつけていきます。
体幹の力は抜いてはいけません。
身体の位置、角度などをしっかりとキープしましょう。


side-plank-move-3


鏡を正面にしてやると身体が横に落ちていないかを確認できますが、身体を曲げると多いのが、腰を折ってしまうこと。
腰が曲がってしまう選手もいますので注意しましょう。


さて、実際にやってみて何回出来ますか?
編集部最高は8回。
編集長が厳しくチェックをして、出来ていない場合はノーカウントという厳しい状況の中やったので、皆へとへとです・・・


swim mediaのYoutubeチャンネルが出来ました。
是非Youtubeチャンネル登録をお願いします!

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル