背骨と肩甲骨の可動域を広げる為の動かすストレッチ

スポンサードリンク

しなやかでパワフルな泳ぎを身につける上で、肩甲骨や背骨の柔軟性をつけていくことは重要です。
空いたスキマ時間で身体の柔軟性を上げていきましょう。


アクティブストレッチ

通常、柔軟性をあげるというと、筋肉を伸ばすような運動であるストレッチを思い出すのではないでしょうか。
例えばストレッチなどですね。
今回は、筋肉を伸ばしはしますが、身体を大きく動かしながら柔軟性を高めていきましょう。


椅子に座った姿勢で、姿勢を良く座りましょう。
この状態から大きく背中を丸めます。
背骨がしっかりと丸まり、肩甲骨が左右に広がっていくようにします。
なるべく背中全体が伸びるようにします。


続いて、大きく胸をはるようにしていきましょう。
胸が斜め上につき上げられるように動かしましょう。
これと同時に肩甲骨を中央へ、グッと寄せていきます。
この時、手を後ろに下げ、親指が外旋するように動かしてあげる事で肩甲骨がより寄せやすくなります。
ひねりながらやや下気味に寄せられるようにしていきましょう。


はじめはゆっくりとやっていきながら、徐々に動きを大きくしていきましょう。
仕事に疲れた時や眠気を感じた時の運動としてもおススメです!


この記事は、youtube内『sportsdockfukuoka』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル