ダイエットにもトレーニングにも効く四股踏みスクワット

スポンサードリンク

日本の文化、相撲。その中でも四股踏みというのを聞いたことがあると思います。
非常に良いトレーニングなので、今回はご紹介したいと思います。


四股踏みシンプルスクワット

通常四股とイメージされると、足を高く上げるイメージがあると思いますが今回は異なります。


通常のスクワットでは、膝をここまで広げてスクワットしませんが、今回は股関節を開いた状態で行なっていきます。
大事なポイントは三つ。

  • 骨盤をしっかりと前傾させ、良い姿勢を作る
  • つま先と膝の向きを同じにする
  • 膝の高さまでしっかりと下げる


  • 姿勢に関しては、間違ったやり方をすると腰を痛める原因になります。
    膝に関しては、つま先より膝が内側に入ってしまうと膝に余計な負荷がかかってこれまた故障の原因になりますので注意しましょう。


    肩幅の約2倍ほどで立ち、つま先は外を向けます。
    この状態から良い姿勢をキープしたまま身体を下げていきます。
    膝が内側に入りがちになりますが、つま先の方向に膝が向くようにしましょう。


    意識をしっかりとやると10回やっただけでだいぶ下半身に来ます。
    動画最中にあるように、曲げた状態で上下動する事も身体を追い込むトレーニングなります。


    にしても、このJ BOXさん、物凄くハイテンションですよね。
    動画を見ながらトレーニングしていたら、こちらもハイテンションになってしまいました。笑



    この記事は、youtube内『J BOX』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル