バランスボールを使ったアップキックトレーニング

スポンサードリンク

バランスボールを使った練習方法は、偏ってしまった身体のバランス調整などに効果的です。
今回は地味に見えるのですが大切なトレーニングを行なっていきましょう!


ヒップリフトアップ

今回の目的は、不安定な状況でも筋肉をつかって身体のバランス能力を鍛える事が目的です。


さぁ、では早速やっていきましょう。
寝そべった状態で股関節を90度、膝関節を約90度に曲げた状態でバランスボールをふくらはぎの下に置きましょう。
一般的なプランクの姿勢ですね。
この状態でしっかりと腹圧を入れます。


腹圧の姿勢を維持したまま、お尻を引き上げていきます。
この時、少しだけボールが向うへ行くようにしましょう。


大事な事は、腹圧をしめたまま、骨盤を後傾させていくことです。
あまり腰が曲がり過ぎないように注意しながら、自然な動きの範囲で動作を繰り返していきます。


これが出来るようになる事で、背泳ぎではダウンキック、その他の種目ではアップキックが打ちやすくなります。
身体の背面に対してのパワーを加える時に、大臀筋や体幹を使ってプッシュ出来るようにしていきましょう!



この記事は、youtube内『Passion4Profession』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル