上半身と下半身の連動性をあげる為のVシットアップ

スポンサードリンク

より上半身と下半身を連動させるには、体幹をしっかりと支える事が大事です。
今回は、腸腰筋を鍛える事で、下半身の連動性を高めましょう。


Vシットアップのやり方とコツ

今回の目的はあくまでも上半身と下半身の連動性を高める事です。


上半身と下半身の連動性を高める為には、腹筋、特に腸腰筋という筋肉を鍛える必要があります。
今回のトレーニングでは、腸腰筋をメインに鍛えていきます。


腸腰筋とは以下の筋肉を指します。
choyokin
猫背治す.net」参照


上半身から下半身までに繋がっている筋肉なので、ここを鍛える事で上半身と下半身の連動性を高める事が出来ます。
では、実際にやっていきましょう。


身体全体を真っ直ぐと伸ばした状態から、下半身と上半身を引き上げ、Vの字を作ります。
この時、大事な事は足と上半身を同時に上げると言う事。
どうしても慣れない時は、上半身と下半身がバラバラになってしまいます。


この動きが同時にならないと、上半身と下半身の連動性向上になりません。
最初はいきなりVの字にやろうとするとバラバラになってしまいがちですので、最初は少しだけ引き上げるようにしましょう。
この時に、腸腰筋をつかって同時に引き上げている感覚を掴んでいきます。


この感覚がつかめた状態で、Vの字に引き上げていきます。
とにかくしっかりと”同時”に上げる事を意識してやっていきましょう。



この記事は、youtube内『Passion4Profession』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル