ちょっとした時間にやりたいウォールシット

スポンサードリンク

ビジネスをしながらも水泳を頑張っている皆さんにはあまり時間が無いと思います。
今日は時間が無い中でスキマ時間をつかって出来るトレーニングをご紹介していきます。


ウォールシットの目的とやりかた

空気椅子、という名前は良く聞いたことがあると思いますが、今回は壁を使った空気椅子です。
ウォールシットと言います。


ウォールシットは、主に前のモモを鍛える事が出来ます。
前モモは、ジャンプ力やバタ足などキック力の向上に繋がります。


さて、やり方ですがまず、壁に背中をしっかりとつけた状態を作ります。
この状態から、少し足を前に出しましょう。2足分くらいが目安です。


膝を曲げて、90度になるようにしましょう。
この時、踵よりも膝が前に出過ぎていたり、後ろにある場合は、位置を修正しましょう。
踵の真上に膝が来るように調整します。


この状態でキープ。
姿勢は背中をつけたまま真っ直ぐな姿勢を作ります。
体幹にもしっかりと力を入れて、腹圧も高めておきましょう。



この記事は、youtube内『Passion4Profession』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

2 Responses

  1. 田中英治 より:

    昔特訓して泳いでいたのですが今はクロール泳げません。
    8月に向けてクロールをマスターしtriathlonで1.5km泳ぎたいのですが水中でのフォームや部屋でも出来る体の使い方などが有ったら教えて欲しいです。

    • swim media編集部 swim media編集部 より:

      コメントありがとうございます。
      部屋でも出来る身体の使い方だと、この記事が参考になると思います。
      寝る前に速くなる!シャドースイムのやり方

      水中のフォームでいうと色々と記事があるので、こちらの記事などを参考にして頂けると良いかと。^^

      何か分からない部分があれば、該当記事に再度コメントをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル